TRANS ARTS TOKYO
一点突破、全面展開。

TAT

2013

本日のプログラム

本日のプログラム
  • アーティストで調べる
  • 場所で調べる
  • 日時で調べる

【EDITORY神保町 3F】 美学校「A to B」

EDITORY神保町3F

「絵と美と画と術」×「EDITORY」

TRANS ARTS TOKYO 2013では、複数の会場に渡って美学校の講師、現役生、修了生による展示が開催されています。
EDITORY 神保町の3階では、マジック・コバヤシをはじめ、佐藤直樹、都築潤、水野健一郎、池田晶紀、小田島等ら6人が講師を務める「絵と美と画と術」の現役生、修了生、講師の総勢10名による展示「AtoB」が行われています。
我々はなぜ「絵」を欲するのか?なぜ「美」を求めるのか?「画」とは?「術」とは?こうした疑問を半年かけて考察してきたそれぞれの「絵」と「美」と「画」と「術」の作品をどうぞごゆっくりご覧ください。

 

〈参加作家〉
講師:都築潤
修了生:木内創土、橋口敏江
現役生:有江博之、浦川彰太、トガミフミコ、なすみわ、増田順一、望月せりな

back to top
  • 日時:10月19日〜11月10日

  • 会場:
    • EDITORY 神保町 

  • 参加費:TAT入場パスポート(800円)

  • 事前申込:不要